茨城県近代美術館へ

先日まで茨城県五浦美術館にて行われていた「寺田コレクション展 ー自然と生命への讃歌ー」も無事に閉幕いたしました。

展覧会終了後、出品作『隠〜十六恥漢図シリーズ〜』はお声掛けを頂き、寺田コレクションから寄贈という形で茨城県近代美術館に収蔵されることになりました。収蔵先が変わることもあるのだなと少し驚きましたが、茨城はかつて岡倉天心、横山大観、菱田春草、下村観山など、日本美術の基盤をつくった先人たちが居を構えていた場所であり、そうした地に自作を収めて頂けることは励みになると同時に、改めて身が引き締まります。

茨城県近代美術館といえば大観『流燈』、春草『落葉』などが収蔵されている場所なので、その流れからの十六恥漢図シリーズというのも大変恐縮ですが…。これに恥じないような作品を作り続けます。

ホームページなどのプロフィールにあるコレクション覧も後日変更いたします。