大乗寺の撮影にいってきました!

先日、『美の巨人たち』や『ガイアの夜明け』などを作っているディレクターの瀬川氏からの「3月頭に東京来てるなら一緒に大乗寺いこうよ。で、そのまま現地でADやって!」みたいな軽い(?)感じのお誘いで、応挙寺こと大乗寺撮影に行ってきました。
 

僕が学生時代に福岡から通いつめていたのが兵庫県香住にある大乗寺(応挙寺)でして、その頃から副住職や奥様からはいつも可愛がって頂いてました。ここには円山応挙代表作をはじめ、応挙一門の作品が沢山あります。今回はテレビ撮影のADとして伺いましたが、違う業種の方とのコミュニケーションは凄く楽しかったし、勉強にもなり、新鮮でした。僕は念願だったカンペ出しや、自動ドア係(襖の裏に隠れて開閉をすることで、自動で開いてるかのような演出)もやらせて貰いました(笑)。そして何と言ってもカメラワークには驚きの連続でして、「テレビで何気なく見ているこのアングルって、こういう風に撮影しているんだな」と感激しっぱなし。番組を作るというのは職人技の結晶で、本当に勉強になりました。大乗寺をご存じない方は是非、大乗寺のホームページをご覧ください。
今回撮影にしたものは3月末放送ということで、詳細が分かり次第、またブログでお知らせさせてください。
 

■■大乗寺ホームページ■■
http://museum.daijyoji.or.jp/index.html

ロケスケジュール。記念すべき初AD。

今回誘ってくれたディレクターさんと出発前の記念撮影。

東京から大乗寺のある兵庫県香住まで9時間半の車旅。

大乗寺、到着。朝8時に出発し17時すぎに到着。
風格ある大乗寺の山門がお出迎え。

ステディカムによる撮影!!

ミニジブによる撮影!!

大乗寺の収蔵庫にある真筆作品の撮影。

応挙蔵の撮影。

応挙肖像画の撮影。

自動ドア係をする自分の図。嬉しそう(笑)

左からディレクターの瀬川氏、副住職と応挙筆『郭子儀図』の前で記念撮影。

上段左から今番組のプロデューサーさん、VEの東海林さん、私、下段左からCの斉藤さん、副住職さん、テレビ大阪アナウンサーの山口恵さん、ディレクターの瀬川さん。応挙作品3部屋の前で収録語の記念撮影。

帰りの電車で食べなさいと副住職の奥様が作ってくれたお弁当です。タカシマヤの紙袋に包んでくれていました。9月のタカシマヤ個展頑張ってというお気遣いですね。学生時代からずーと通っている大乗寺ですが、今回は2年ぶりでした。でも副住職さんや奥様が「息子が帰ってきたよう」と言っていただけてとても嬉しかったです。

その昔、応挙が小さかった頃、当時の大乗寺住職が金銭的バックアップをして絵の勉強をさせたといわれていますが、200年たって今度は大乗寺が田中君を出した、と副住職に言っていただけて嬉しかったです。応挙という絵師は勿論偉大ですが、作家として大きくなれるよう制作に励んでいきます。
9月の個展では副住職とのトークイベントもありますので是非お楽しみに!

※画像掲載に関しては許可を頂いて掲載しております。