日曜美術館と日本画の図録

明日あさ(5/7) 放送予定の日曜美術館(NHK)のアートシーンで日本画山脈展が紹介されるそうですが、僕の作品もワンカットで少しだけでるかも…らしいです。よかったらご覧ください。まぁこうやって告知した時は大概カットされて画面にすら出てこないパターンが多いけど(笑)。その時は「ふふふ」と笑ってください。まぁ僕のは出てこなくても、展覧会の内容はご覧いただけますので是非!

◼︎日曜美術館 Eテレ 午前9時
※アートシーンは午前9時45分〜

——————————————————

この日本画山脈の図録が届いたのですが、これが素晴らしいなと思いました。
表紙は戦後日本を象徴する東山魁夷の道。

出品者の日本画考。
作品ごとの解説。
一部の作家の技法や絵作りの紹介。図録では珍しい。

まず大御所から若手まで出品者全員がそれぞれの日本画論を語っています。日本画という言葉自体、扱いが難しくなっている今、出品作家本人がきちんと考えを提示することがとても大事だと思います。案外、日本画の展覧会って主催者側やキュレーション側が言いっ放しで、作家の発言機会がないんですよね。だからこそ作家本人の日本画考を提示させてくれている所に、この展覧会の真摯さが伝わってきます。ほかにも作品一つ一つに解説があったり、一部の作家の技法紹介なんてものまであります(図録でこうした内容は珍しいかも)。

今の日本画を否定するにしても、肯定するにしても読み応えがあって、教材という意味では学生さんにもいいと思います。機会があればこちらも是非〜。

※図録問い合わせは新見美術館ホームページから(多分)